世界遺産の周辺で宿予約する
世界遺産、紀伊山地の霊場と参詣道周辺のホテル予約

紀伊山地の霊場と参詣道の見どころ

日本国内の世界遺産をゆっくり堪能!世界遺産に登録されたエリア周辺の宿泊予約が可能なホテル・旅館をご紹介します。

修験・巡礼の地

紀伊の霊場周辺での宿予約

奈良県、三重県、和歌山県をまたぐ紀伊半島の山岳地帯にある「紀伊山地の霊場と参詣道」は2004年7月、日本で12番目の世界遺産に登録されました。修験道の中心地として発展した「吉野・大峯」、神々の住む聖地として崇められ、蟻の熊野詣とにぎわった「熊野三山」、弘法大師空海が開き、真言密教の山岳修行道場である「高野山」の3ヵ所の霊場と、これらを結ぶ参詣道が含まれています。紀伊山地は標高1000m 級の険しい山々が連なる地。豊かな自然と深い信仰が結びついた祈りの道は、今なお神秘的な雰囲気が漂います。

熊野本宮大社

熊野本宮大社周辺エリアでの宿泊予約

熊野詣の中心で、全国に3000社以上ある熊野神社の総本宮。主神は、阿弥陀如来を本地とする家津美御子大神(素戔鳴尊)です。杉木立に包まれた趣ある檜皮葺の社殿は、明治24年の再建。かつては大斎原にありましたが、水害のために流失しました。日本サッカー協会のシンボルマーク三本足の烏、八咫烏(やたがらす)は熊野権現の使いです。

熊野速玉大社

熊野速玉大神(いざなぎのみこと)・熊野夫須美大神(いざなみのみこと)を主神にし、本地は、熊野速玉大神は衆生の苦しみ、病気を癒す薬師如来です。過去世・現世・来世にわたって救われるとされる熊野三山の、三山三世信仰に基づいて、三山を巡拝することが肝要とされています。現在の社殿は昭和28年再建のものです。

高野山

弘法大師空海が真言密教の根本道場として開創した山が「高野山」で総本山は金剛峯寺。標高1000メートルの山々に囲まれた地には諸堂が立ち並び、その様は蓮の花が咲いたようで別名「八葉の峰」と呼ばれています。

熊野古道の周辺に泊まる

<三重県の宿泊エリア>

紀伊長島周辺の宿泊予約紀伊長島に泊まる
賢島・安乗・磯部周辺の宿泊予約賢島・安乗・磯部に泊まる
鳥羽・相差周辺の宿泊予約鳥羽・相差に泊まる

<奈良県の宿泊エリア>

奈良・生駒周辺の宿泊予約吉野・十津川に泊まる

<和歌山県の宿泊エリア>

有田・御坊の宿泊予約有田・御坊に泊まる
南紀白浜・田辺周辺の宿泊予約白浜・田辺に泊まる
串本・勝浦周辺の宿泊予約串本・勝浦に泊まる
高野山周辺の宿泊予約高野山に泊まる


宿泊予約TOP>特集>世界遺産>紀伊山地の霊場と参詣道

世界遺産周辺のホテル予約旅館予約日本旅行宿泊予約をどうぞ。

(c) 日本旅行